So-net無料ブログ作成

ライツ大型携帯用顕微鏡 Leitz Large Travelling Microscope [顕微鏡]

 ライツの大型携帯用顕微鏡購入。1933年製のV字脚の折りたたみ式携帯顕微鏡です。
5.jpg
 もっとも買ったのは去年なんですが、忙しくて今頃になってですが・・・
3.jpg
 4.jpg
 コンパクトなサイズの箱に収納されている対物3のレボルバー付きです。
1.jpg
7.jpg
 折りたたみ式の方法は各社特色が出て面白いです。
6.jpg
2.jpg
 基本的にはステージと脚をたたむんですがどこまでコンパクトにするか、その辺が設計者のセンスというか思いが出るところですね。
1.jpg
 長らくどの機種につけるのかわからなかった十字動装置を持っていたんですが、どうやら携帯顕微鏡につけるのがピッタリなので多分これで正解かなと。カッコイイのでこれでよし。

Leitz Ia鏡基顕微鏡 [顕微鏡]

 ライツのIa鏡基の顕微鏡購入。とはいっても去年なんですけど。
6.jpg
 製造は1903年で、Ia鏡基のモデルは結構見るのですが、一般に真鍮/砲金に透明ラッカー仕上げのところがシルバー色メッキ(ニッケルかな?)になっているのが珍しいかと思います。
3.jpg
 十字動装置はライツオリジナルではなく、ライヘルトのものがついています。こちらもモデルに合わせて黒+シルバーなので馴染んでます。
4.jpg

J.SWIFT&SON 偏光顕微鏡 [顕微鏡]

P5011238.JPG
 J.SWIFT&SONの偏光顕微鏡を購入しました。
 おそらく1950年代のものです。
1.jpg
2.jpg
5.jpg
偏光顕微鏡は初めてなのですが、やはり岩石薄片をみてみたいと思いまして、岩石プレパラートも購入しました。
2.jpg
 玄武岩です。万華鏡のように綺麗ですね(まぁ素人の感想なので・・・;

ゴーゴーバンチVol.16 [ゴーゴーバンチ]

 本日発売のゴーゴーバンチ誌Vol.16にトレンチフラワーズ15話掲載されております。
 戦闘は一段落で、久しぶりの宿営地になります。よろしくお願いします。
P4081001.JPG

 桜は結構咲いていますね。
1.jpg
 首都圏は満開ですが、週末のお天気が今ひとつなので花見で一杯という方にはちょっと厳しいかな。寒さはあんまりないんですけどね。

2017-04-02 [顕微鏡]

 気がつけばもう春ですね。桜はまだチラチラ咲いている感じですけど、菜の花はもう満開でした。
1.jpg

 先月にはイギリスからJ. Swift & Son の古い顕微鏡が届きました。
2.jpg
 Swiftの顕微鏡は南極探検でスコットも参加した(極点目指したのはその後ですが)ディスカバリー号にも三本足のタイプが積まれておりました。
 入手したのは四本足なのですが、後ろ側の脚は回転して折りたためるようになっています。これも携帯顕微鏡の部類と呼んでいいのでしょうね。

2017-02-26

 LOWAの タホー プロ GTX WXL購入。
1.jpg
 登山靴はこれまでザンバランだったんですが、ソールが終わった感じになったので新しいものをと。

2017-02-14

 先週のゴーゴーバンチ誌にトレンチフラワーズ14話載ってます。
 よろしくお願いします。

P2130673.JPG
 新幹線乗ってきました(日帰りで)。

2017年元旦

 明けましておめでとうございます。

 昨年はトレンチフラワーズの2巻目も出せまして、ありがたいことだと感謝した年であります。
 掲載誌も去年から隔月に変わったのでペースも早くなり、そろそろ慣れないといけないと思いつつの正月からの原稿作業です。
2017年賀のコピー.jpg
 そういうことで今年もよろしくお願いします。

オリンパス 携帯顕微鏡 [顕微鏡]

 オリンパスの携帯顕微鏡を入手しました。
3.jpg
 オリンパスは戦前よりコンパクトに折りたためる携帯顕微鏡を製造していました。同様の携帯顕微鏡はドイツのライツでも作られていましたので、それなりの需要があったモデルなのだと思います。
4.jpg
 検査表を見ると高千穂光学工業とあります。この社名は1942年5月よりなのでこのモデルは戦中製造と思われます。
 1939年の高千穂製作所時代のカタログを見ますと、今回のモデルとの差異が見受けられます。
カタログ.jpg
 今回のモデルはアームの固定用バンドが追加されています。あとコンデンサ上下つまみが左右逆になっていますので本体のマイナーチェンジもあったのでしょう(ちなみにオリンパスのHPにある携帯顕微鏡KAは戦後製造品です)。
5.jpg
6.jpg
7.jpg
 携帯顕微鏡に特徴的なV字の鏡台は可動します。
1.jpg
 これが・・・
2.jpg
 こんな風にコンパクトにまとめられます。
 ミラーもアーム部分が回転して、収納で嵩張らないようにオフセットされます。
9.jpg
 またステージが観察中に動かないようにするロック・バーも特徴的ですね。
11.jpg
 アームが回転して物理的に押さえますが、元々クリアランスの少ない可動部に粘性の高いグリスが使われているので、そうそう簡単にステージが動くことはないんですけどね。
10.jpg
 対物・接眼レンズも綺麗な状態でした。
8.jpg
 滅多にみないモデルですので入手できてよかったです。
 しかし今年は結構顕微鏡買ってしまったなぁ・・・・

トレンチフラワーズ2巻発売 [トレンチフラワーズ]

 昨日拙作トレンチフラワーズのコミックス2巻が発売になりました。
3.jpg
 1巻と同様、武装したメイド達が塹壕で戦うお話です。よろしければ是非!